​どこまで行かれますか?

どこまで行かれますか?

 

私の幼いころの夢はタクシーの運転手。

すっかり忘れていた自分の夢。
運転手になれば自分の力でどこにでも行ける気がしていました。
いま、運転手ではないけれど、皆さんに寄り添い伴走しています。
みなさんの目標(ゴール)にむかって。

「さぁ、どこまで行かれますか?」


・全米NLP&コーチング研究所 認定

  NLPプロフェッショナルコーチ

  ダイナミック・スピン・リリース(TM)トレーナー
・日本NLP協会 認定 NLPプロフェッショナルコーチ

・全米NLP協会 マスタープラクティショナー
・日本NLP協会 マスタープラクティショナー 
・カナダ Success Strategies 社 
   LABプロファイルプラクティショナー

・産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会会員) 

※NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称で、別名「脳と心の取扱説明書」「実践心理学」とも呼ばれる最新の心理学です

line_1355857877616564.jpg
Cheerful_Elephant 代表 鈴木雅之(すずまさ)
1970年8月生まれ
1_edited.png

プロフィール

工業大学卒業後、技術職に就く。3年ほど働き、徹夜の続く過酷な労働環境に肉体の限界を感じて退職。

 

単身渡豪。
オーストラリア大陸をバイクで旅しながら、手元の3ドルで「ガソリンを買うか、食べ物を買うか」
判断を迫られる日々を過ごす。帰国後、英会話学校の営業として働き始めるが、1か月で退職。

 

生活費を稼ぐため、映画館でアルバイトを開始。
マネジメントへのオファーを受け、映画館運営会社に正社員として就職。
2度のM&Aという苦い経験しながらも、映画というエンタメの最前線で働くことに喜びを見出し、
支配人として日本各地に映画を届ける。

 

やがて本社へプロジェクトマネージャーとして栄転。プロジェクトを成功に導く。
その後、本社管理部門勤務となり、社員のための相談窓口担当として支援に携わる。

 

一方で、自身は人間関係のストレスから自分の存在意義を見失い、ボロボロの精神状態に。
生まれて初めて産業医によるカウンセリングを受ける。

 

45分のカウンセリングで「話を聴いてもらう」を体験し、「聴くことの重要性」に気づく。
担当精神科医の傾聴スキルに感銘を受け、産業カウンセラーを志す。

資格取得後、社員の相談窓口業務を続ける中で「ひとりひとりに、今の知識で適切な支援ができるのか?」
「学術的な心理学の知識が必要ではないか?」と考えるように。
「自分の対応が、その人の先の人生を左右しかねない」、そのプレッシャーに大きな不安と恐怖を感じる。

産業カウンセラーとしてのあり方を模索する中、実践心理学NLP(神経言語プログラミング)に出会う。

NLPプラクティショナー、LABプロファイルプラクティショナー、そしてマスタープラクティショナーの

コースを通じ、人間の心と脳の仕組み・コミュニケーションの本質を学ぶ。
さらには、問題解決のカウンセリングだけではなく、目標達成のコーチングのスキルも習得。

特に傾聴のスキルに周囲から高い評価を受け、ライフコーチとして開業。
2022年、更なる高みを目指してNLP認定プロフェッショナルコーチとなる。

 

相談窓口・産業カウンセラーとして5年以上のキャリアと、NLPカウンセラー・NLPコーチのスキルを

掛け合わせ、「クライアントが目標を達成し、笑顔で人生を送れるコーチング」をオンラインで行っている。

プロフィール